ロゴ

【システムで人事給与を管理】個人管理も出来るシステム

システムを活用

システムは導入費が高い、ランニングコストが掛かる、メンテナンスが出来る社員がいない、といった理由で導入をしていない企業も多いでしょう。しかし、最近の業者はアフターフォローもしっかりしていますし、中には無料で利用できるシステムも存在しています。システムを導入することのメリットをもう一度見直してみましょう。

社員のやる気にも繋がる人事給与管理システムの詳細!

握手

部署別でも管理可能

人事給与管理システムは会社に複数存在する部署をしっかりと区別して管理することが出来ます。そのため、部署が違う同性の社員に対しての給与配分ミスや昇給などの評価を間違えることなくきっちりと管理することが出来るのです。

社員個人で確認できる

人事給与管理システムは社員個人のIDやパスワードを設定することで、いつでも給与情報を確認することが出来るのです。自分の給与を確認することが出来るようになることで、モチベーションアップにも繋がりやすくなるでしょう。人事給与管理システム以外にも企業にとって便利なものがワークフロー機能になっており、日常的な業務を効率化することが可能です。出張申請など申請書を作成する業務であればペーパーレス化が図れるだけでなく作成時間も大幅に短縮することができるので便利と言えるでしょう。ワークフロー機能にも色々なものがあるので比較し、自社に合ったものを導入していくと良いです。

社内管理をサポートするシステムリスト

  • ワークフローシステム
  • チャットツール
  • 人事給与管理システム
  • 文書管理システム

管理をシステム化させることのメリットランキング

no.1

コンプライアンス問題の解決

社内管理を社員で行なうことによって、情報漏洩のリスクを上げてしまう可能性が出てきます。しかし、システムで管理することによってむやみに情報に触れることが出来なくなるため、コンプライアンス問題を解決させることが出来るのです。

no.2

セキュリティ強化

ランキング1位になったコンプライアンス問題の解決に近い内容で、セキュリティ強化というメリットもランキングに選ばれています。やはり企業によって扱う情報が違い、社内だけでなく顧客の情報なども含まれるためこれらの情報を守る上でシステムは重要になっています。

no.3

業務の効率化

今まで手作業で行っていた業務もシステムを導入することによって、大幅な時間短縮を実現させることが出来ます。システム操作をする社員も一人や二人で済むので人員を割かずに業務をこなすことが出来ます。業務の効率化が行なえることで生産性も向上するので企業からは大きなメリットとされています。

no.4

コスト削減

業務に充てる人員を削減することが出来るようになれば、当然人件費が減ります。企業にとって一番のコストとも言える人件費を減らすことが出来るのはシステムの導入のみといっても過言ではないのです。効率よく、また生産性も落とさずにコスト削減が出来るシステムは複数のメリットを持っているのです。

no.5

ペーパーレス化

書類管理や会議に使う議事録作成などを紙で行なうと環境的にもコスト的にもあまり良いとは言えないでしょう。管理システムやツールを使うことによって紙を使わずに済み、資源の消費を抑えることが出来るようになるのです。ペーパーレスの実現にはこうしたシステムのメリットが必要と多くの企業が認めています。

パソコン版とスマートフォン版のワークフローシステム比較

パソコン版

パソコン版のワークフローシステムは大画面で操作が行なえるため作業が行ないやすいです。またワークフローシステムに導入されているその他のアプリケーションをフル活用することが出来るため、自分がやりやすいように仕事をこなすことが出来るのです。

スマートフォン版

スマートフォン版ではパソコン版よりも機能は少なくなっていますが、いつでも開くことが出来るというメリットがあります。またスマートフォン専用のインターフェースで操作もスムーズに行なうことが出来るのです。

[PR]クラウドワークフローは比較して選ぼう
人気システムを厳選紹介♪

[PR]チャットツールを導入しよう
業務中の情報共有がスムーズに進む

[PR]労務管理システムを導入
業務の効率をUPさせるためにもシステムを使おう

広告募集中